悠久のラボラトリ

アトリエシリーズ応援サイト。やり込みのための調査記録などを載せています。


フィリスのアトリエ アイテムダメージ計算 トップへ

3. 威力値

ダメージの効果による威力値

威力値は、ダメージの効果によって決定されます。

例えば、品質と特性が同じフラムでも、効果が「炎ダメージ・弱」よりも「炎ダメージ・強」であるほうがダメージが大きくなります。これは、威力値の違いによるものです。

効果によって、威力値に乱数を含むものと含まないものがあります。この乱数は基礎ダメージと同じく、「期待値大幅増」「鉄板の効果」で固定できます。

それぞれの効果の威力値は攻略本に掲載されています。ここでは列挙しません。一部載っていなかったり、値の違うものもありますが、まあその辺は仕方ないので自分で測りましょう。

品質による威力増加

ダメージだけでなく装備品など全般に言えることですが、フィリスのアトリエの品質は50を基準として、それより大きければ効果が上がり、小さければ効果が下がります。

計算式は以下の通りです。この式は「シャリーのアトリエ」の攻略本に掲載されているもので、品質上限が999になって以降、「フィリスのアトリエ」まで使われ続けています。

グラフにすると以下のようになります。品質最大値999では、倍率はおよそ2.198倍です。

特性による割合強化

攻撃アイテムの特性で、「効果が○○%上昇する」というものです。「破壊力増加」や「神を破壊せし力」が分かりやすいです。他にも「特性で超強化」「カウントボーナス」など、多くの強化特性がこれに属します。「無慈悲な一撃」「ラストストライク」など特定の条件下で「○○%上昇」の効果を発揮するものも同様です。

反対にアイテム威力を下げるものもあります。「永久機関」「真言の力」「ソニックスロー」などが該当します。

上昇効果も下降効果も全部まとめて足し算され、実際の倍率が決まります。

特性による反比例強化

「秘伝の破壊力強化」などによる強化です。効果の威力値に応じて、強化量が変わります。

「フィリスのアトリエ」では、品質補正済みの効果威力値をもとに強化量が計算されます。この点は、従来作の仕様と異なります。計算式は以下です。

品質補正済みの効果威力値をXとする。特性ごとに決められた範囲(例:「秘伝の破壊力強化」なら105~150)から乱数Aが選ばれ、

品質補正済みの効果威力値とは…例えば「炎ダメージ・強」の威力値は120です。アイテムの品質が999の場合、品質によって掛かる倍率は2.198倍なので、品質補正済みの効果威力値は120 * 2.198 = 263.76となります。

乱数Aを150としてプロットしてみると、以下のようなグラフになります。また乱数Aは、「期待値大幅増」などで幅を狭くすることはできません。

威力値の計算

以下のようになります。

威力値 = 効果による威力値 * 品質補正倍率 * 割合強化倍率 + 反比例強化量

参考までに、「シャリーのアトリエ」では以下でした。反比例強化の位置が違います。

威力値 = (効果による威力値 * 割合強化倍率 + 反比例強化量) * 品質補正倍率

「シャリーのアトリエ」では「秘伝の破壊力強化」が非常に強かったです。今作では、弱いわけではないものの、あまりパッとしない印象です。様々な要素が関係するため一概には言えませんが、計算式の構造の違いもその理由の1つと言えそうです。

次:4. アイテム威力強化