悠久のラボラトリ

アトリエシリーズ応援サイト。やり込みのための調査記録などを載せています。


フィリスのアトリエ アイテムダメージ計算 トップへ

番外. 「終末の種火」等の計算

「終末の種火」の効果「終末の光」「崩壊の極光」、そして「N/A」の効果「無限大の爆発」は、これまで解説してきた内容と異なるダメージ計算となります。

「ソフィーのアトリエ」における性質と似ているので、そちらも参考にしてください。

性質

  1. アイテムの特性Lvの合計値が高いほど威力が上昇する。
  2. 「神を破壊せし力」など、「+○○%」系の特性が+100%まで乗る。
  3. 「+○○%」系の特性の合計が+100%以上になると、アイテムの特性Lvの合計値が2倍になるのと同様の扱いになり、飛躍的に威力が上昇する。
  4. 基礎ダメージ上昇・品質・反比例強化・アイテム威力強化・属性・最終ダメージ倍率などの効果を受けない。
  5. 連携率の影響は受ける。
  6. クリティカルしない。「必中クリティカル」や「一撃必殺」を付与しても同様。
  7. MP不足による減衰と、難易度VERY HARDでの同名アイテム複数回使用による減衰は受ける。
  8. 「ふたつの力」などのダメージ効果特性を付与した場合、そのダメージは通常のアイテムダメージとして計算され、装備やスキルの影響を受ける。

計算式

1. はじめに」の表記に倣って書くと、計算式は「(基礎ダメージ) * (威力値) * (連携率) * (その他) / 100」です。

基礎ダメージは攻略本記載通りの値です。「幸運の運び手」などの効果は効きません。ただし「期待値大幅増」などの乱数安定特性は効きます。

威力値は少し特殊な計算です。「崩壊の極光」を例にとると、以下のような計算式になります。特性による強化が+100%以上かどうかで分けて記載します。

+99%以下:(威力値) = (50 + (特性Lv合計) × 0.5) × (特性による強化倍率)

+100%以上:(威力値) = (50 + (特性Lv合計) × 2 × 0.5) × 2

式の通り、+100%を境に特性Lv合計の扱いが2倍になります。ただし、全体に掛かっていた特性による強化は2倍(+100%)で上限になります。そのため、+100%に届かせることは重要ですが、それ以上はこの効果のダメージにおいては無意味、ということになります。

「終末の光」と「無限大の爆発」も、式の構造は同じです。上式の50に相当する値を定数部、0.5に相当する値を特性Lv係数と表記すると、各効果におけるこれらの値は以下のようになります。

効果 定数部 特性Lv係数
終末の光 40 0.4
崩壊の極光 50 0.5
無限大の爆発 0または1 0.75

「無限大の爆発」の定数部は、実測だと0のほうが合っていますが、攻略本には1と書いてあるので、曖昧な書き方にしています。これをどちらが正しいかはっきりさせるのは困難ですし、どちらで計算してもさほど結果は変わらないと思います。