悠久のラボラトリ

アトリエシリーズ応援サイト。やり込みのための調査記録などを載せています。


ソフィーのアトリエ 終末の種火のダメージ計算

目的

終末の種火のダメージ計算について調査した内容をまとめます。一般的なアイテムダメージ計算についてはこちらのページにまとめておりますが、終末の種火はこの計算に従わず、独自の計算が行われます。

調査はv1.03時点で行ったものです。最新バージョン(2016/08時点)のv1.04とは異なりますので、ご注意ください。

また、終末の種火のダメージ効果のうち、上位効果である「崩壊の極光」のみを調査しております。下位効果の「終末の光」についても似たような計算方法だとは思いますが、未検証です。

性質

  1. アイテムの特性Lvの合計値が高いほど威力が上昇する。
  2. 「神を破壊せし力」など、+○○%系の特性が+100%まで乗る。
  3. +○○%系の特性の合計が+100%以上になると、アイテムの特性Lvの合計値が2倍になるのと同様の扱いになり、飛躍的に威力が上昇する。
  4. 基礎ダメージ上昇・スキル強化・アイテム強化・最終ダメージ倍率などの、装備や敵味方スキルによる効果を一切受けない。
  5. クリティカルしない。「必中クリティカル」や「一撃必殺」を付与しても同様。
  6. MP不足による減衰と、難易度DESPAIRでの同名アイテム複数回使用による減衰は受ける。
  7. 「デモンソウル」を付与した場合、「デモンソウル」による追加ダメージは通常のアイテムダメージとして計算される。つまり威力値100の魔法属性ダメージであり、装備やスキルの影響を受ける。
  8. 効果「ブレイク加算・超」を付与した際、ブレイク値には+○○%系の特性が乗る。(こちらは+100%を超える)

つまり「崩壊の極光」のダメージを伸ばしたい場合は、まず+○○%系の特性を+100%まで付与することを優先し、その上で特性Lvをできるだけ上げるとよいです。

総ダメージを伸ばす際に「デモンソウル」を乗せた方がよいかどうかは、ソフィーの装備や敵の耐性などによると思います。確かに追加ダメージは強力ですが、「デモンソウル」を乗せるとブレイク時以外に+100%に届かせるのが不可能になるため、乗せたほうがよいとも言い切れません。

ブレイク値を伸ばしたい場合は、効果「ブレイク加算・超」を付け、3つとも+○○%系の特性を乗せるとよいです。

計算式

アイテムの種類によって決まる基礎ダメージと、アイテムの効果や特性によって決まる威力値で計算されるのは通常のアイテムと同様です。計算式は「(基礎ダメージ) × (威力値) / 100」です。

基礎ダメージは攻略本記載通りの値です。時操りの砂時計などの効果は効きません。ただし「期待値大幅増」などの乱数安定特性は効きます。

威力値は以下のような計算式になります。特性による強化が+100%以上かどうかで分けて記載します。

+99%以下:(威力値) = (125 + (特性Lv合計) × 1.25) × (特性による強化倍率)

+100%以上:(威力値) = (125 + (特性Lv合計) × 2 × 1.25) × 2

特性による強化倍率は、例えば+40%であれば1.4です。

式の通り、+100%を境に特性Lv合計の扱いが2倍になります。ただし、全体に掛かっていた特性による強化は2倍(+100%)で上限になります。そのため、+100%に届かせることは重要ですが、それ以上は「崩壊の極光」のダメージにおいては無意味、ということになります。

実測値とはわずかに計算誤差があり、計算過程の切り捨て誤差だと思われます。今回の検証では計算順序や切り捨ての発生するタイミング等は検証しておらず、上記の式も計算順序は考慮していません。

データ

こちら(Googleスプレッドシート)のシートに載せています。